映画「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」あらすじ

2014年春に公開された仮面ライダーの映画です。
あるとき仮面ライダー鎧武である葛葉紘汰は、ヘルヘイムの森とは全く異なるとなる世界を調査することになります。その最中にシュウと名乗る謎の少年に遭遇します。ともに行動していると葛葉紘汰達の目の前に伝説の仮面ライダー1号・本郷猛が突如現れます。

しかしこの仮面ライダー1号は、「そのシュウという少年を連れてはならない」と突如忠告します。しかも葛葉紘汰などの平成ライダーたちを認めないと言い出します。困惑する葛葉紘汰に本郷猛は仮面ライダー1号に変身し、襲い掛かろうとします。その時数多くの戦闘員が現れ、戦闘へと突入します。

その場から逃げ切った葛葉紘汰達は事態の成り行きを理解できないまま過ごすも、今度はいきなり門矢士・ 仮面イダーディケイドが現れます。これら一連の事件はすべて地下帝国バダンが画策したものであり、その最大の目的は人類滅亡にあることを告げ、その対抗策として平成ライダー15人を全員集めることだとアドバイスします。

その後何とか15人集まったものの、再び本郷猛・仮面ライダー1号率いる昭和ライダーが登場し、その地下帝国バダンを生み出した根源は平成ライダーにあると忠告します。平成らーだと昭和ライダー同士でその主張は一切相容れず、遂に昭和ライダー対平成ライダーという全面大戦争へと発展してしまいます。

シュウという少年はいったい何者なのか?そしてなぜ昭和ライダーは平成ライダーを敵とみなすのか?そして昭和ライダーと平成ライダーの結果やいかに!?

映画「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」感想

息子がこのころから仮面ライダーにはまり、その影響で私も是非映画を見せたいと思い見に行きました。

この映画の最大の見どころは何と言ってもそれまでの仮面ライダーシリーズの主人公である昭和から平成までの30人もの仮面ライダーが一堂にスクリーンに登場するということです。
それまで登場したクウガ~鎧武の平成ライダーはもちろん、自分が子供の頃に好きでリアルタイムで見ていたスカイライダーや仮面ライダーBlackなども時を経てスクリーンで復活します。見ている最中にあまりの感動で息子と大喜びしました。

ただなんとも驚きだったのが、正義の味方である仮面ライダー同士が昭和と平成に分かれて戦うという内容です。しかも15人対15人という全面大戦争という迫力あるシーンが満載で、息子もとても興奮していました。

そしてこの映画の最大のポイントとしては、上映前に昭和ライダーと平成ライダーのどちらかに投票し、その投票結果でこの映画の結末が変わるというイベントです。このイベントには驚きでしたし、当然息子とともに劇場入り口に設けられた投票箱に選んで投票しました。息子の意見を尊重して平成ライダーに投票しましたが、映画はその結果が反映されていました。

上映前から息子と一緒に楽しめるという大変エキサイティングな映画でした。