映画「マイインターン」あらすじ

アンハサウェイ演じるジュールズは、ニューヨークにあるファッションサイトの社長。すべてを手に入れているような彼女のもとに、シニアインターンとして、ロバートデニーロ演じる70歳の新人の便利がやってくる。ベンは古風な紳士で、パソコンの立ち上げ方にも苦戦する一方、さっと気配りができ、アドバイスしたりすすんで動くうちに周りの人間にも慕われていた。
あるとき、株主から、外部から経験のあるCEOを招いてはどうかと提案があり、納得しないジュールズだが、株主を納得させるためにしぶしぶ面談に動き出す。その運転手をつとめたベンは、車中でも仕事のやりとり、ジュールズの母からの電話の対応、そして家庭では育児と、慌ただしく過ごすジュールズをみて、何かできないかと気遣う。ジュールズの娘や夫とも仲良くなるベン。仕事で遅くなったある日、ベンとジュールズは二人でピザを食べる。その中で、実はベンは、このファッションサイトの会社ができる前に同じ場所にあった電話帳制作会社に勤めていたことを知る。最初は、ベンの存在を疎ましく思っていたジュールズだが、しだいに彼の人となりがわかり、信頼でき、悩みを打ち明けられるようになった。
後半では、家庭で主夫をしているジュールズの夫のマットが浮気をしていることも明らかになる。たまたま目にしてしまったベンがそれをジュールズに伝えようか迷っていると、なんとジュールズはとっくに浮気を知っていた。
すべてを手に入れたかに見えるジュールズが、ベンに支えられながら、会社の危機と、家庭の危機のりょうほに立ち向かっていく。

映画「マイインターン」感想

これは、働くすべての女性に見て欲しい映画です。きらきら輝いているように見えるけれど、実際は仕事でもプライベートでも悩みは尽きないのが働く女性。キャリアウーマンとして、母として、妻として、いろんな立場をノンストップで要求される現代の女性にこそ、共感できるポイントがたくさんあるはずです。ベンのように、温かく見守って、サポートしてくれる紳士的なおじさまがいたらどんなにいいか、考えずにはいられません。決して上から目線ではなく、あくまで1人の人間として気遣ってくれるそんなベテランがいたら、心地よいことでしょう。
ロバートデニーロが、優しいおじさんを見事に演じています。どうしてもこわいイメージでしたが、優しい役もできるんだというのがびっくりでした。またアンハサウェイは大好きな女優さんで、おしゃれなファッションも見ていて飽きません。
屋外で太極拳をする緑あふれるシーン、ジュールズのステキな自宅など、目でも楽しめる美しい映画です。
生まれて初めて、劇場に三回も通った作品です。仕事で疲れたときにとても元気をもらえました。